高まる風力タービンへの有用性

風力タービンの設置運営会社には、時間とコスト節約の大きなプレッシャーがあります。風力タービンが使用できないと、発電できず、固定価格買取制度の報酬も得られません。

風力タービンの設計は益々モジュラー化が進んでいます。モジュラー化は建設の柔軟性を高め、コンポーネントの交換プロセスを迅速化するのに役立ちます。 

風力タービンのナセル

各ユニットは、建設現場に到着してから組み立てて風力タービンを完成させます。そのため、コネクタの使用は大きな利点をもたらします。 

例えば、回転翼の調整や風追跡の駆動装置をはじめ、スリップリングアセンブリや発電機ブレーキなどのコンポーネントを簡単かつ迅速に接続、設置することができます。コネクタの使用により、手作業で複雑な配線を行う必要はもうありません。メンテナンスの時、プラグ&プレイ機能で摩損や欠陥のある部品をすばやく交換できるので、ダウンタイムを大幅に短縮できます。

多くの種類の風力タービンは、回転翼と発電機の間の速度とトルクを一致させるために変速機を使用し、施設の効率を最適化しています。コネクタは設置時間を短縮します: Han-Eco®、 Han® HPR 、 Han® Mといった組立て済みのケーブルとコネクタを使用すると、ギヤユニット間に必要な接続がすばやく確立されます。

Han-Eco® フード/ハウジング

  • 非常に堅牢な産業アプリケーション用
  • 腐食およびオゾンへの耐性: 屋外用

  • Han-Eco® 「カチッとはめる」組み立てコンセプト
  • IP65

Han® Mフード/ハウジング

  • 厳しい環境要件用フード/ハウジング
  • 耐腐食性に優れたメタルフードおよびハウジング

  • 高品質なステンレススチール製ロックレバー
  • IP67

Han® HPRフード/ハウジング

  • 過酷な屋外環境用

  • 優れたEMC特性

  • 耐腐食性に優れたメタルフードおよびハウジング 

コネクタはタワーの照明にもメリットがあります。照明用パワーバスコンポーネントはタワーセグメントに事前に設置できます。ですから建設現場では、工事担当者(通常、電気技師の資格を持たない)がセグメントを組み立てるだけで完了します。

ハーティング Han®-動画

カタログ、パンフレット、チラシ