労働安全、環境およびエネルギーポリシー

自社の責任に真摯に向き合う

職場の安全、環境、エネルギーの方針は、ハーティングにおける職場と環境の保護およびエネルギー効率に関する行動指針で定義されています。これは企業の経営陣によって規定されており、世界中のHARTING Technology Groupのすべての活動と拠点に対して拘束力を持ちます。

ハーティングは、積極的な社会の一員として自社の責任を認識しています。私たちは自然、社会、経済、すべての企業を地球生態系の一部として尊重します。これらのバランスと多様性がすべての生命の存続を決定するからです。私たちは企業として、社員の健康を維持する特別な責任を認識しています。

空気、水、大地、動植物という自由な資源の慎重な利用は経済市場の手段を通じて保証されなければならないと確信しています。持続的な改善は、共に努力することによって初めて成し遂げられるものです。私たちは、環境指向の自由な経済システムには企業的に大きなチャンスがあり、さらに未来世代の幸せも保証すると考えます。

グローバルに活動する私たちは、経済、環境、社会に敬意を表し、社会の一員として持続可能な開発の目標に従って初めて、営業活動を続けることができます。
この認識に基づいて、私たちは以下の原則に従って行動することを約束します:

  • ハーティングは、個人と環境の保護を根本的な重要問題と見なします。経営陣は職場と環境の保護に対するこれらのガイドラインを定期的に新しい要件と照らし合わせて見直し、これらを効果的に営業習慣に置き換える手順を確立し、必要な手段を講じます。
  • ハーティングは、全社員の環境に対する個人の責任感を強め、商業活動と自社製品から生じ得る環境汚染に配慮するように促します。
  • ハーティングは、Technology Groupにおける職場の安全と環境パフォーマンスの改善に社員の参加を促し、それに報います。ハーティングは、改善評価に分散管理のアイデアを使用します。ハーティングは、社員、周辺住民、顧客、ユーザー、および環境を保護するため、自社製品の生産、販売、適用、リサイクル、廃棄における危険とリスクを継続的に低減します。職場、健康、環境面の影響については、新製品と生産手法の開発段階で事前に検討します。
  • ハーティングは、製品と企業活動に関連する市民とその他の利害関係者の疑問と不安に真剣に注意を払い、建設的に検討します。
  • ハーティングは、自社から生じる環境への影響、環境目標の達成、環境管理システムの範囲について積極的に情報提供し、関係者がアクセスできるようにします。
  • ハーティングは、お客様に製品の安全な使い方、リサイクル、廃棄に関する情報を提供します。私たちは製品、生産方法、およびこれらの環境的側面が人と環境に与え得る影響について、継続的に知識を広げています。
  • HARTING Technology Groupの下請けを行う企業は、ハーティングにより職場、健康、環境基準への準拠を義務付けられます。
  • ハーティングは、全社員の怪我や病気を予防するために取り組んでいます。
  • ハーティングは、意識的に資源を節約します。
  • ハーティングは、各国の法律とその他の要件、および自主取り組みの順守に取り組み、HARTING Technology Group全体で高度な職場の安全衛生と環境保護を目指して努力しています。
  • ハーティングは、エネルギー効率、職場の安全衛生、環境パフォーマンスを継続的に向上させるために取り組み、環境と職場の安全衛生管理システムを継続的に改善します。
  • ハーティングは、製品とサービスの調達時に、エネルギー効率を重要な選定基準として検討する取り組みを行っています。

ハーティングの環境ポリシーや環境保護・環境マネジメントシステムの範囲についてご質問がありましたら私たちにお問い合わせください。

ドイツ:Tony Fischer

英国:David Drummond

中国:Catherine Xu

スイス:Steve Krüger

ルーマニア:Felicia Bacila

米国:Jacob George