Han® HPR VarioShell

車両間ジャンパソリューションの次のレベル

ハーティングの新しいハウジングシステムは、操作を容易にし、軽量化に大きく貢献します。

鉄道産業では、標準化、エネルギー消費の低減、そして設置時間を節約する操作性の良さが主流トレンドとなっています。新しいHan® HPR VarioShellは、車両間ジャンパのために特別に開発された柔軟性の高いハウジングシステムです。莫大な可能性と恩恵をもたらす、Han®ファミリーの新製品です。

長寿命設計

Han® HPR VarioShellの設計は、お客様の要件に基づいて開発されました。カバーは水、粉塵、汚れが流れ落ちやすい形状に最適化され、ねじを環境の影響から保護します。

次のステップでは、氷雪保護について考えました。ハウジング背面の特殊な輪郭により、ハウジングの裏に氷が膨張できるようにしました。こうすることで、ハウジングにかかるストレスを減らし、長寿命につながります。

水、粉塵、氷に対し最適化された設計で長寿命化を実現
HARTING Han® HPR VarioShell - The next level of inter car jumper solutions
鉄道Webセミナーシリーズ2021

全体の設置作業時間を短縮

このツーピースハウジングは、内側に全周シールがあるため、カウンタープレッシャーフレームを使ってIP69Kを達成します。カバーは取り外し可能なので、ハウジングを 車両の内側からも外側からも取り付けることができます。ケーブルを簡単に壁に通して配線できるので、長さを短くしてさらに軽量化が図れます。

アクセスしやすいため、操作、修理、メンテナンスにかかる手間も減ります。故障時もすべての接続を遮断する必要はありません。ハウジングのカバーを開けて、欠陥のある導体やコンタクトを特定して交換することができます。

ケーブルの分離に役立つオプションのケーブルマネージャー

Han® HPR VarioShellは、直径の異なるケーブルを引き出し、インターセプトするためのカウンタープレッシャーフレーム、ケーブルマネージャー、シールドプレートを追加できるオープンシステムです。従来のボックス型ハウジングやパネル取付け型ハウジングとして使用できるほか、分配箱の堅牢な代替品として、例えば、車両の屋根、壁の外側、ボギー台車上でも使用できる新しいハウジングシステムです。

動画

HARTING Web-Seminar: System concepts for the most important trends in the railway industry
Han® HPR VarioShellをeShopで