Products & Solutions

RFID

ハーティングのUHF RFID (Radio Frequency Identification)システムは、要件の厳しい過酷な産業環境でも金属コンテナ、機械、ツール、鉄道、コンクリート部品、その他の資源を識別します。

ハーティングのUHF RFIDシステム

ハーティングのUHF RFID (Radio Frequency Identification)システムは、要件の厳しい過酷な産業環境でも金属コンテナ、機械、ツール、鉄道、コンクリート部品、その他の資源を識別します。
UHF RFID技術は、厳密な制御オートメーション、透明性を備えたプロセス、ダウンタイムの削減、ひいてはコスト削減を可能にします。

    Ha-VIS RFID システムコンポーネント

    Ha-VIS RFID システムコンポーネントにできること

    • 遮断物があっても複数の物体を検出
    • 直接製品に情報を同時保存
    • キャプチャーポイントで直接確実に情報処理

    イントラロジスティックスの追跡 - ベルトコンベアでのUHF RFID

    この世に単なる直線でできているものはありません。縁や角やカーブもあります。そして限界もあります。追加の装置を置く場所がないこともしばしばあります。ハーティングは、こうした環境でも商品の追跡を可能にする製品とソリューションを提供します。

    詳細

    外界センサー技術搭載のRFIDトランスポンダ

    インテリジェントなRFIDトランスポンダは益々多くの監視機能を担っています。ハーティングのUHF RFID組み込みトランスポンダはIDと外界センサーのデータをパッシブ状態で送信します。そうして自己設定プロセスへのブリッジを構築します。常時電源がない可動部品でも包括的な監視が可能になります。

    詳細

    屋外用UHF RFIDトランスポンダ

    製品の個別化が進むにつれ、継続的な監視と診断のプロセスが発生しています。このためコンポーネントには特定のデータを制御システムに無線で送信できるように、RFIDトランスポンダが搭載されています。ひとつの課題は、金属面が反響を生じる環境にトランスポンダを組み込むことです。さらに、データメディアは極端な温度変化、洗浄剤や油といった腐食性液体の使用など、過酷な環境条件に耐えられなければなりません。ハーティングのHa-VIS UHF RFIDトランスポンダは、過酷な条件下で優れた動作信頼性を提供します。

    スマート技術UHF RFID

    ハーティングのコネクタとケーブルアセンブリはUHF RFIDトランスポンダを搭載可能なので、実際のコンポーネントの情報とデータをバーチャルな世界にリンクすることができます。UHF RFIDの利点を生かして、コネクタのID固有データからスペア部品の自動発注まで、可能な応用範囲を広げ、便利に、迅速かつ確実に使用することができます。コンポーネントデータはモバイルリーダー(例:スマートフォン)を使って対応する読み取り装置で記録され、HARTING eShopのデータと照合されます。特定後すぐにスペア部品や基準値を表示して使用できます。これによって作業が迅速化されるだけでなく、スペア部品の発注ミスなど、費用のかかるミスも防止できます。

    Industry 4.0へ向けて、未来への統合

    独自のプロトコルや固有のドライバーはオートメーション産業の統合を複雑にし、Industry 4.0の実装の障害となっています。OPC-UAは非互換ドライバーによる問題を一切生じることなく、「現場(shop floor)」(センサーとPLC)から「top floor(オフィス)」(SAP)まで、UHF RFIDリーダー、PLCコントローラー、アプリケーション(機械同士、M2M)間の通信を可能にします。ハーティングは長年にわたり接続性とスタンダードの確立を支援してきました。OPC-UAは、オープンスタンダードを使用して広範なシステムと機械を安全かつ確実に接続するというハーティングの要件を的確に満たします。

    UHF RFIDで点検とメンテナンスのプロセスを改善

    定期メンテナンス作業は、適用安全規格で義務付けられているだけではありません。ハーティングのUHF RFIDは、プロセスの最適化を可能にし、時間と費用の節約をもたらします。設備取得のプロセスをデジタル化することで、メンテナンス管理システムでの記録用に紙ベースのチェックリストを使用する必要がなくなります。よくあるミスも防げます。誰がいつ、どの対象物にどのテストを実施したか、といった情報がテスト結果と共にUHF RFIDリーダーに直接保存されます。さらに、この方法でテストを簡単かつ効率的に実装し、例えば生産や品質の基準を保証することもできます。

    駅におけるコンテナと鉄道車両の追跡

    この車両はどの線路にあるか?車両はメンテナンスの時期か?銘板の汚れ、損傷、または完全な紛失。こうした簡単でも重要な数々の質問に、Excelの長いチェックリストを見ながら答えなければなりません。ハーティングのUHF RFIDシステムは、貴社の大切な貨物のペーパーレス追跡を可能にします。

    鉄道車両の位置決め

    鉄道車両は指定の場所に正確に停止しなければなりません(例えば、安全上の理由のため)。プラットフォームは鉄道車両より短いこともあるため、すべてのドアを開放してはなりません。光センサーは埃や汚れ、水や木の葉などで十分確実に機能しないことが多々あります。機械的接触もこの過酷な環境では故障しがちです。一方、非接触式でメンテナンスフリーのUHF RFIDシステムなら、こうした悪条件の下でも正確かつ確実に鉄道車両の位置を特定することができます。

    お問い合わせ

    弊社の製品群についてご質問はありますか?貴社固有のソリューションのためにサポートが必要ですか?詳しい情報をお問い合わせください。

     

     

    お問い合わせをお待ちしております

    ハーティングは貴社の用途に適したUHF RFIDソリューションを提供

    ハーティングはUHF RFIDソリューションをフルセットでお届けします。これには、あらゆるタイプの用途に対応する強力なUHF RFIDリーダー、特殊アンテナ、極めて堅牢なUHF RFIDトランスポンダなどが含まれます。ハーティングのUHF RFIDソリューションは、最適な互換性を備えるコンポーネントをベースとしています。また、PLCファンクションブロックやHa-VIS Middlewareを用いて物理的世界とソフトウェアの世界の接続を支援します。

    RFID4Logistics - Forklift

    物流要件が益々厳しくなる中、新しいソリューションが必要とされています。Ha-VIS RFID4Logistics - Forkliftは直接フォークリフトに組み込み、既存の固定UHF RFIDシステムを補完し、拡張します。モノの流れの追跡だけでなく、積極的な管理も可能になります。完全な可動性により、変化するイベントに容易に、かつ迅速に対応できるようになります。

    詳細

    RFID4Logistics - Gate2Go

    イントラロジスティックスはUHF RFIDにとって最も自然な応用領域です。しかし、どのプロジェクトにも課題と隠れた危険があります。各計画段階の終わりにはコンセプトの実証を行い、システムが要件を満たすことを証明しなければなりません。Ha-VIS RFID4Logisitcs - Gate2Goはコンセプトの実証を支援します。シンプルで簡単な方法で完全なゲートアプリケーションを実装します。  

    詳細

    RFID4SMT

    単一品目ロットを要求する顧客の増加、法規制による証拠書類の要求により、製品とそのコンポーネントの識別と追跡の重要性は益々高まっています。シンプルで信頼性が高く、高度な自動化が可能な選択肢が必要とされています。Ha-VIS RFID4SMTは、PCBとその搭載製品を識別するソリューションです。

    詳細

    RFID4MoldTracking

    UHF技術とプラスチック射出成形機はうまく適合するでしょうか?高温の過酷な周囲条件に対応できますか?はい、できます!ハーティングのRFID技術は、他が対応できない条件にも対応します。ハーティングはHa-VIS RFID4MoldTrackingを用いて、プラスチック射出成形機での使用の特殊要件にぴったり適合する製品パッケージを提供します。

    詳細

    RFID4Rail

    UHF RFIDの鉄道への使用には非常に大きな課題があり、容易ではありません。UHF RFIDは信号送信、位置確認、プラットフォーム検出といった特定の用途に極めて適しています。これらはどれも安全性が最優先されます。ハーティングの実証済みの品質には十分信頼できる理由があります。Ha-VIS RFID4Rail – SLPソリューションは、UHF RFIDを使用してこうした用途に対応する方法を示します。

    詳細

    Ha-VIS RFIDリーダー

    ハーティングは包括的なUHF RFIDリーダーの製品群を提供します。製品群にはオフィス用、機械への統合用の軽量な低価格デバイスもあります。また、極めて厳しい要件、重い負荷、困難な用途にも対応する高性能リーダーもご用意しています。

    RFIDリーダーの詳細

    Ha-VIS RFIDアンテナ

    UHF RFIDシステムにおいてアンテナは重要な役割を果たしています。一つ目の役割は、可能な限り信号を持続的に干渉なく空間に送信すること。二つ目の役割は、可能な限り最高の感度でトランスポンダからの応答を受信することです。ハーティングのアンテナ製品群は、高温環境など特殊要件用のアンテナなど、あらゆる伝送範囲と用途をカバーしています。

    アンテナの詳細

    Ha-VIS RFIDトランスポンダ

    UHF RFIDの適用(例:生産や交通・物流、医療技術)では、液体や金属に近接していても、広範な読み取り能力が必要になります。化学業界では酸やアルカリへの耐性が必要です。さらに半導体製造工場のような用途では、高温環境でもトラブルなく動作しなければなりません。しかし、要件の違いがあっても、ハーティングは貴社の用途に最適なトランスポンダをご用意しています。

    トランスポンダの詳細

    Ha-VIS RFIDソリューション

    強力な製品だけでは全体図は完成しません。製品同士を確実に連携する必要があります。これらが連携しながら十分に機能して初めて問題を解決し、要件を満たすことができます。ハーティングでは貴社の用途に適したソリューションをご用意しています。最適な互換性を備える確実な製品によって、貴社の特殊な用途に対応します。

    ソリューションの概要へ

    プラスチック射出成形機械用ツールの追跡と識別にUHF RFIDを使用する

    現在、プラスチック射出成形分野で従事する人は、益々多くの多様な金型とツールを必要としています。そのため新たな課題が生じ、対策が必要となっています。必要なツール探しに時間を浪費したい人はいませんし、そんな余裕もありません。こうしたツールはしばしば何万ユーロもかかる、かなり大きな投資です。

    記事を全文表示

    追加情報

    RFID関連資料

    ハーティングのダウンロードセンターでは、UHF RFID製品関連の詳細な資料を提供しています。

    ダウンロードセンターへのリンク

    RFID FAQ

    What does RFID mean?

    RFID stands for Radio Frequency Identification It involves a process which uses radio waves to read or write data of an electromagnetically coupled data carrier (transponder).

    How does an RFID work?

    Put in simple terms a reader for the UHF frequency band uses an antenna to send a signal and power to its environment. An exchange of data can take place if a transponder can be activated by the power. The transponder also sends signals in response to the commands of the reader. The advantage of RFID is that it does not need a line-of-sight connection between reader and transponder, such as optical processes using barcodes or QR codes. Moreover, the data contents of the transponder can be read as well as changed as required.

    Where is RFID used?

    he application areas differ greatly; they are used wherever it makes sense or is of interest to identify objects or living beings. RFID is the first choice particularly when a line-of-sight connection is not possible between the objects or the data needs to be changed.

    For example: access control, tool ID, pallet tracking, theft protection, tier identification, product identification

    What is an RFID reader?

    An RFID reader is a piece of hardware for recording and generally also for writing to transponders.

    What is a RFID-transponder?

    A transponder is a small data carrier. It is normally attached to the object to be identified and contains a small circuit with a memory area and an antenna for reading and writing. Passive transponders do not require a battery. They function using energy harvesting, i.e. they draw the required energy solely from the energy provided by radio waves. This enables them to be used self-sufficiently and maintenance-free over long periods of time.

    Does RFID also function on metal?

    Special conditions require special solutions. Special transponders (on-metal transponders) are tuned to compensate for the effects of metal or they provide a physical distance to the metal.

    What is the difference between RFID and UHF RFID?

    There is no difference, UHF is merely a frequency band for RFID. In addition, there are other popular RFID frequency bands, such as LF (low frequency) or HF (high frequency). UHF stands for Ultra High Frequency and works in the frequency range from approx. 850 to 950 MHz and above.

    What are the advantages over other ID methods, in particular barcodes?

    RFID does not necessarily need a line of sight with the object to be identified. The transponder can be read and written to as long as it is in range. On the other hand, a barcode must always be 'seen' by the barcode reader.

    Normally, a RFID TAG can be overwritten repeatedly, however, with a printed barcode changes are unfortunately not possible. Another big advantage of RFID (particularly UHF) is bulk reading, which enables quick detect of multiple transponders (up to a few hundred depending on the reader). For example, you can use a device to detect the objects on a pallet while driving by it in a forklift truck. With barcode systems, this could only be done for a relatively small number of objects using sophisticated vision systems and only with line-of-sight.