ファミリー経営企業

ハーティングは1945年にヴィルヘルムとマリー・ハーティングによって設立されて以来、100%同族会社として歩んできました。

独立した同族企業として存続する展望の下、経営はファミリーの二代目、三代目へと引き継がれてきました。2015年10月、フィリップ・ハーティングが父親ディートマールに代わって会長に就任。未来と新しいテクノロジーに注力してきたディートマールは、引き続き役員を務めています。現在、フィリップ・ハーティングは、役員兼パートナーである母親のマルグリット、そして無限責任パートナーであり、財務・購入部門担当役員を兼任する妹のマレーサ・ハーティング=ハーツ、および家族以外の管理職者と共に、当テクノロジーグループを統率しています。

ハーティングファミリー


卓越した企業