smartFactoryKL

SmartFactoryKLとは?

SmartFactoryKL とは、カイザースラウテルンのドイツ人工知能研究センター(German Research Centre for Artificial Intelligence)を拠点に、産業界と科学界の約50のパートナーによって構成されたネットワークです。このネットワークは2005年に発足して以来、Industry 4.0と未来の工場の実現に全力を注いできました。その目標は、それぞれ対等な立場で研究開発プロジェクトに協力することにあります。パートナーたちはこの研究協会のビジョンの発展と表現、および産業への具体的導入という課題に取り組んでいます。このネットワークは未来の生産プロセスへのテスト環境として、独自のSmart Factoryの機能を紹介しています。

メーカー非依存型のデモンストレーションと研究プラットフォーム:SmartFactoryKLパートナー・コンソーシアムによって開発されたIndustry 4.0生産設備。

ハーティングはSmartFactoryKLにどんな貢献をしているか?

ハーティングは、SmartFactoryKLによって開始された生産設備のデモンストレーションを2007年に初めて行って以来、リーダー的役割を果たしてきました。そして様々な社内ソリューションを含む卓越した組立て生産モジュールを構成しました。ハーティングの広範なソリューション群には、エッジデバイスとしてのMICA、スイッチ、RFIDテクノロジー、あらゆる産業ライフラインに対応する幅広い接続技術が含まれています。

これは研究機関の新しいIndustry 4.0施設、「Production Level 4」生産センターでも使用されています。ハーティングテクノロジーグループは、オープンなデモンストレーションおよび研究プラットフォームにおけるモジュールを担当しており、これはエッジコンピューティング・ソリューションのデモンストレーションに使用される予定です。

ハーティングは中核に:世界屈指の産業用接続技術サプライヤーとして、ハーティングはSmartFactoryKLの生産施設に主要コンポーネントを提供しています。
ProductionLevel4モジュール・インターフェースの戦略

現在使用されている接続技術は、供給および通信インフラに共通のインターフェースを提供します。

インテリジェントなコネクタには、施設の全体的安全性に貢献する追加機能が装備されています。例えば、これらのコネクタは危険を回避するため、施設が非通電の時にのみロック解除できます。  

ハーティングの接続性+ネットワーク・コンサルタントのAndreas Huhmannは、2011年以来、SmartFactoryKLの役員として活動しています。

SmartFactoryKLは現在どのテーマに重点的に取り組んでいるか?

現在、このパートナー・コンソーシアムは「Production Level 4」生産センターでの議論と研究に注力しています。

最上位課題は、ファクトリーオートメーションを生産の柔軟性、効率性、可用性の面で改善することです。この新しいデモンストレーションは、2025年まで継続的に進められ、その後、宣言したビジョンが実現可能になる予定です。