グローバル統合品質管理システム

お客様にとって品質とは、利益であり、支払いの対価であり、時間厳守を意味します。ですから私たちは、ハーティングの品質を社内外のすべての活動を含めた総合的なコンセプトとして捉えています。

そうすることで、市場の実際の要件に合わせて、すべてのプロセスを柔軟に個別に適応させることができます。性能とイノベーションによって納得できるソリューションを生み出すには、この方法しかありません。

品質は単なる特性ではありません。

それは何よりも妥協しない姿勢です。この姿勢こそ、私たちが信頼性から将来の保証に至るまで、品質理解のあらゆる側面に適用しているものです。"

Philip Harting
取締役会長

品質管理は競争力

HARTING Technology Groupは設立以来、常に厳しい品質基準を保ってきました。その間、1991年からISO 9001のガイドラインに準拠した運営を行い、ドイツの品質システム認証会社、GUTcertのテストを受けています。また、この数年間はプロセス指向にも力を入れています。その目標は、顧客指向、効率、完全性を最大化することです。
海外の子会社もすべて一貫して同じシステムに従って働いています。HARTING Groupの経営陣は、こうした方法でお客様の競争力を支えています。

品質とは時には隠れたものであり、そして見出さなければならないものです

ハーティングの製品は、現代的な鉄道技術やオートメーションシステムでコンポーネントとして使われています。通信基地でも、ハーティングの高品質な製品はすぐには見つけられません。ハーティングの製品が支えなければ、多くのロボットはふらつき、風力タービンは無力になるでしょう。

偉大さを最前面で主張することは、必ずしも重要ではありません。本当の宝物はしばしば小さなディテールの中に隠れているものです。テクノロジーの世界も自然と同じです。地中に埋もれたダイヤモンドの原石は、最後に磨きをかけられて輝きと気品がすべて現れるまで、その品質は目に見えません。

プロセスがこそが客様の最適な利益への道のり

目標にたどり着くには明白なプロセスが必要です。ですから私たちは、明確に定義した基準を世界中で確立しています。これらは製品開発から、生産、物流、カスタマーケアにまで及びます。こうした弊社独自の方法を通じて、場所や使用する製品を問わず、ハーティング品質をお客様に届けています。

プロセスモデル

品質はトップから

経営陣とサポートスタッフは、会社の方向性を定め、導くための決定的な推進力を与えます。彼らの助けがあってこそ、私たちは道を外れることなく、必要な修正を行うことができます。ハーティングの経営陣は、EFQMモデル、バランスト・スコアカード、MBO(目標管理制度)といった先駆的なツールを使用し、成功の鍵を握ります。

品質は成功に欠かせない要素です。これは単に欠陥のない製品を販売することではありません。具体的に言うと、会社ですべてのプロセスをエラーなく実行することも品質に含まれます。

社員を信頼する

これは最高レベルのモチベーションと必要な資格を持つ適切な人材を確保できるかどうかにかかっています。社員は会社にとって最も大切な資産です。

組織的なトレーニング、定期的な社員評価と調査が個人のコミットメント向上につながります。会社で使用されている現代的な通信情報システムは、継続的な経験のやりとりと知識の移転を可能にします。ハーティングの新しいデータセンターは、分散された拠点で信頼性の高いテクノロジーを使用することで、要求されたシステム信頼性を確保し、必要なデータセキュリティと保護を提供します。

最後に重要なこととして、財務管理はハーティング・グループの長期計画、安定性、効率、革新性の基盤です。

テクノロジーと品質管理の詳細はこちらをご覧ください:

ハーティングの全品質管理認証はこちらをご覧ください。