ハーティングの技術情報誌「tec.News」

tec.Newsは、HARTING Technology Groupのテクノロジーと革新的なハイライトの概要をお知らせします。読者の皆様に意思決定のヒントや方向性、サポートを提供します。tec.Newsが示す卓越したハーティングテクノロジーは、現在の視点と未来への明確な視点から特定アプリケーション向けの具体的なソリューションと製品へと形を変え、また、当社の戦略的な視点を明確にするものでもあります。

デジタル版のtec.Newsもお楽しみいただけます

弊社のソリューション、アプリケーション、戦略的ビジョンについてのご意見を直接お聞かせください。

全号ともPDFファイルでダウンロード可能です:

tec.News - 巧みにノーマル?

人工知能が 産業システムの統合を変革

メディアが注目する前世界チャンピオンGary Kasparovとの対 戦でチェスコンピュータDeep Blueがあげた勝利でも、ナビゲ ーションや翻訳アシスタントシステムの日常的な利用の際も、今日、あらゆるところで人工知能(AI)に遭遇します。AIは、デ ジタル革新の主要な原動力と考えられています。

tec.News 35 - 強力な接続の時が到来

エッジとクラウド間の接続ソリューションと…

モノのインターネット(IoT)の出現で生産は柔軟かつ変更可能になり、その影響力は当社のコネクタにもみられます。モノはまずインターネットにつながる必要があります。ここではMICAは接続コンセプトになります。MICAにより、OT(オペレーション技術)は、ITソフトウェアコンセプトに基づき、インターネットならびにクラウドに接続されます。エッジデバイスは私たちがHARTING technology Group内で実際に実装したように、I4.0と機械のデジタル統合の重要な鍵となります。

tec.News - 特別版

InnoTrans 2018特集号

鉄道車両は人、モノ、製品を遠くへ迅速かつ安全に運びます。鉄道輸送には未来があります。鉄道網は世界中で拡大しており、設備、快適さ、安全性面の投資だけでなく、増え続ける列車のエンターテインメントと情報への投資も行われています。それはなぜかというと、顧客の要求が益々厳しくなっているからです。

具体的なメリットはアプリケーションを通じてのみ生じます。そしてこれらは、各列車ごとに個別にカスタマイズされています。従来の接続ソリューションに加え、スマートなソリューションがますます重要になっています。
このtec.News特別版では、画期的な接続技術の適用を加速させる鉄道業界の試みをご紹介し、そこからお役様と共に創るソリューションのアイデアを得たいと思います。

tec.News 34 - 最も重要な共同制作者

お客様は共同制作者です。

インダストリー4.0の時代に革新的なカスタマージャーニーを約束するには、どのようなテクノロジーを展開すればよいでしょうか?デジタル化ツールを用いれば、お客様はお客様自身のソリューションへの道筋において、文字通り「共同制作者」となります。私たちは、5ステップモデルに基づいて特注インターフェースの実現をめぐる疑問を調査し、このモデルを使用して、ハーティングがデジタル化の状況でお客様に提供するサービスを示します。

tec.News 33 - 産業システムの統合におけるパートナーシップ

すべてを一人でこなせる人はいない

第4次産業革命は今日次のようにまとめられています。複雑な付加価値ネットワークは、もはやモノリシックな(一枚板の)アーキテクチャでは存続できません。包括的なソリューションが必要です。しかし、すべてを自分一人で行うことはできません。そして、だからこそ自分の限界を認識することがインダストリ4.0の文化的変化に基づく大きなチャンスを秘めていると考えます。

tec.News 32 - 付加価値ネットワーク

お客様にとって価値の高いカスタマーソリューションを実現する、それが私たちの仕事です

企業に目標をたずねると、まず第一に「顧客の価値創造」と答えるでしょう。そしてこれは当然可能な限り企業利益を維持しながらです。しかし、多くの場合これは口先だけにすぎず、一般的にはその逆で「利益を上げてからお客様の価値を創造する」というのは正確でしょう。いずれにせよ、この答えは悪いものではありません。顧客志向で人々のために価値創造を目指した行動は、その行動が成功を生み、そして成長と利益をもたらします。結果として有意義なものになるのです。

tec.News 31 - 小さな巨人

デジタル化のスーパーヒーロー

通信技術の躍進は、単なるデータのデジタル化では説明できません。まさにモバイル通信技術の導入が、最初に電話を、そしてインターネットを世界中で利用可能にしました。工業分野では、当初、デジタル化に関して同じ道を歩む必要があると考えられていました。無線オートメーションが到来してから何年も経ちますが、 未だに存在しておらず、ハーティングの販売実績によって裏付けられているように、有線接続への依存は変わっていません。

tec.News 30 - 産業におけるデジタル化

インダストリー4.0 – 産業界のデジタル化

デジタル化は、今やすべての人に影響を与え、社会のあらゆる分野を変化させ、転換しようとしています。その一方で、こうした変化は、例えばスマートホームという形で、私たち個人の生活にも影響を与えつつ、スマート工場の出現により産業界にもインパクトをもたらしています。ハーティングでは、産業界も社会の不可欠な一部であり、同じように転換のプロセスにさらされていると考えています。この産業界への変化こそが、第4次産業革命と呼ばれるものです。

tec.News 29 - Industrie 4.0に向けてスタート位置に

産業システムの統合がいよいよ目に見える形に

ITの到来は、製造オートメーションに圧倒的なパフォーマンスの向上をもたらしました。この「IT化」がなければ、質の高い複雑な製品の効率的生産を実現することは極めて困難だったでしょう。ハーティングは、現在トレンドを分析し、現在のプロジェクトと用途への関連性を特定しています。

tec.News 28 - フィールドデバイスの解放

従来のフィールド機器から産業システム統合デバイスへ

便利でユーザフレンドリーなサイバー空間への入り口-これは未来の製造とオートメーションを決定する産業機器にとって重要な一歩です。IT機能を従来の産業機器に組み込むことにより、これまでの標準のオートメーション技術は解放され、デジタルネットワーキングおよびより強固な統合への道を進んでいきます。

tec.News 27 - 未来のインターフェース

新たなサイバー現実

産業では、現実と仮想の世界がサイバーフィジカルシステムで橋渡しされます。実際の製造プロセスがコンピュータで生成する表現でシミュレーション、制御されます。Industry 4.0は、さらに一歩先、2つの世界の真の統合に向かって進んでいます。

tec.News 26 - 産業システムの垂直統合- サービスを構成する

産業システムの垂直統合にスマートなソリューション

ハノーバー・メッセ見本市のテーマになっていることからも、産業システムの垂直統合は発進し、次の段階も見えています。しかし、産業システムの垂直統合、Industry 4.0を人々が語るようになったからといって、そのビジョンはエンドユーザにとって現実的なものにはなりません。人々は目に見えるソリューション、実際に利用できるものを求めています。

tec.News 25 - 産業システムの垂直統合

第4次産業革命には勇敢さが必要

自ら製造をコントロールする製品の登場で、第4次産業革命が始まりました。RFID技術がオートメーションの概念を大きく変え、製造を中央制御システムから製品そのものに移行させています。しかし、この飛躍を成し遂げるには、新しい考え方や普通とは違う概念、そして専門知識と勇敢さを結合できるハーティングのような企業が必要です。

tec.News 24 - 新しい価値の創造

産業の垂直統合 - 製造の柔軟化の基礎

「産業システムの垂直統合(Integrated Industry)」 - それは。単なるキャッチフレーズではなく、工業企業のための持続可能な戦略です。製造をより柔軟かつ迅速な形で構成し、環境にやさしく、資源を有効利用する形で事業を運営することで、顧客の要求に最適な形で応えられるようになります。

tec.News 23 - エネルギー効率の向上へ打開

再生できること - それが、資源を使うための前提条件

18世紀初頭には、木材は建材であり、最も重要なエネルギー源であり、産業化以前の多くの製造工程に使われていました。森林が乱伐された結果、地域一帯が荒廃してしまいました。そのためフォン・カルロヴィッツは森林の再生と活性化を可能にするような形で森林管理を行うことを呈hそうしたのです。

tec.News 22 - イノベーションの研究

持続可能性はすべてのイノベーションの基盤

「グローバル化」というのは単なるうたい文句ではなく、日々、我々に数々の要求や要件を突きつけます。企業や組織が自らの地位を維持し、社会のさらなる発展のために力を発揮することを望むのであれば、持続可能性に取り組まねばなりません。ハーティングでは、このことが企業ビジョンの根底にあります。

tec.News 21 - スマートネットワークインフラストラクチャ

何がインフラをスマートにするか?

ハーティングはそれについて重要なことに気が付きました。まず弊社はお客様の視点で世界を見るということです。そしてこの分野で三つの重要な要素があります。それはデータ、パワー、信号です。そしてこれらのライフラインを最適にアプリケーションとつなげたり、その場でインストールしたり、ネットワーキングのためのインテリジェントなシステムを構成します。ハーティングはこのようにインフラストラクチャ、Smart Network Infrastructureの開発に貢献しています。

tec.News 20 - スマートに、ハッピーに - 効率性に優れたネットワーク

通信は「スマート」の本質的要素か?

「スマートグリッド」が今、飛躍的技術革新の起爆剤となっています。電力網それ自体は新しいものではないこともあって、この技術革新の本質的特徴は巧みに姿を隠しています。コネクティビティとネットワークのスペシャリストとして、私たちはネットワークを真に「スマート」にするものは何か、自問自答を続けてきました。