現在、ハーティングはフォルクスワーゲンに協力し、VW ID.4の米国本土48州横断プロジェクトを実施中

電気自動車で米国横断

電気自動車はもう主流となったと言えるでしょうか?ハーティングとVWが共に手を携えて進めば、それはもう間近です。電気自動車に懐疑的な人達の最後の疑念を払拭するため、両社は驚くべきプロジェクトのためタッグを組みました。プロジェクト車はVWのコンパクトSUV「ID.4」。長距離走行のエキスパート、ライナー・ジートロウ(Rainer Zietlow)氏が副ドライバーのデレク・コリンズ(Derek Collins)と共に米国本土を時計回りに走行します。スタート地点とゴールをバージニア州ハーンドンに定め、 チームは合計48州を横断します。ジートロー氏がフォルクスワーゲンと共に長距離プロジェクトに挑むのはこれが17回目です。

VW用Mode 3充電ケーブル

ハーティングは2020年フォルクスワーゲングループ・アワード「E-モビリティ」部門を受賞するなど、フォルクスワーゲンとは強力な協力関係を築いています。

「VW ID.4は電気自動車を主流にするために設計・開発された車です」とジートロウ氏は語ります。「消費者がコンパクトSUVに求める、大きなトランクルーム、充実したテクノロジーを備え、長距離走行への適性は明らかです」。ID.4は1回の充電で400km走行でき、DC急速充電機能により38分で最大80%充電できます。つまり、ID.4はこの課題に十分耐えられます。

ハーティングはこのプロジェクトに参加することで、持続可能性とCO2排出量削減に取り組む姿勢を明確に表しています。私たちは堅牢で信頼性が高く、使い勝手のよい電気自動車用充電ケーブルとプラグを開発することによって、気候変動との取り組みにおいて重要性を増しつつある現行の電気自動車への移行を支援します。

私たちはこの挑戦への参加に胸を膨らませています。電気自動車に乗り換えるとき、最大の障害のひとつは、充電ステーションの不足、または車両自体が長距離走行に適さないことです。近所に出かけるときも、国を横断するロードトリップに行くときも、電気自動車は現実的な解決策です。私たちはそれを証明するためにここにいるのです。テクノロジーはそこにあります。インフラは整備されています。

Jon DeSouza
HARTING America 社長兼CEO ジョン・デソーザ(Jon DeSouza)