風力発電:サージ保護モジュールによる安全な信号伝送

風力タービンは、標高が高い野ざらしの丘陵地、尾根などにあることが多いため、度々落雷に見舞われます。雷サージはシステム全体をめぐり、コンポーネントや電気系統に影響を与えます。しかし、雷に直撃されたときだけでなく、タービンや接続されている供給ネットワークのすぐそばで落雷があったときも、繊細な電子コンポーネントに誤作動や障害が発生する可能性があります。対照的に、一貫した落雷・サージ保護対策を講じれば、費用のかかるダウンタイムと修理を回避することができます。その結果、パフォーマンスに貢献し、タービンは想定期間内に対価に見合う価値を提供することができます。

制御と調整技術の分野で共通の信号線を過電流保護を行うため、ハーティングは、雷・サージ保護のスペシャリストであるDehn + Söhne社と共に、Han-Modular® サージ保護モジュールを共同開発しました。風力タービンの落雷保護対策では、このモジュールは、羽根の大型避雷器やファラデーケージとしてのタワー上の遷移点から、周波数変換器、制御盤、測定制御装置の保護装置までを網羅する、拡張避雷器システムの最後の小さな装置と見なすことができます。

インサートはモジュラー式コネクタの一部を構成し、周辺のシステムや回路を過渡的サージから保護します。落雷や電磁電荷による過電流が電気系統に流れると、ハウジングに組み込まれたサージ保護モジュールがコネクタ内で消散させます。それ以上の過渡電流の拡散を防ぎ、タービンの下流システムを混信や損傷から守ります。

Han-Modular® SP DM2サージ保護モジュール

サージ保護モジュールは、ガス圧警報装置、抑制ダイオード、抵抗器など、複数の保護装置を使用しています。過渡的サージが発生すると、これらの保護装置により外乱変数の協調的放電が行われます。

上流でサージ保護を行うと、接続されたシステムのコストとスペースをさらに節約できる可能性があります。制御盤では、例えば、印加されたピーク電圧をコネクタとスイッチキャビネットのハウジングを介して引き出します。制御盤にこれ以上の保護装置は必要ありません。サージ保護モジュールはこのようにしてスペースと追加コストを節約します。

風力タービンの過渡的サージから保護されているエリアでは、混信なく信号を伝送できます。モジュールを適切に使用すれば、信号通信のダウンタイム障害を減らし、アップタイムを改善して繊細な電子装置を保護することで機械の耐用期間を伸ばすことができます。 

ハーティング Han® 動画

カタログ、パンフレット、フライヤー