ハーティングの技術情報誌「tec.News」

tec.Newsは、HARTING Technology Groupのテクノロジーと革新的なハイライトの概要をお知らせします。読者の皆様に意思決定のヒントや方向性、サポートを提供します。tec.Newsが示す卓越したハーティングテクノロジーは、現在の視点と未来への明確な視点から特定アプリケーション向けの具体的なソリューションと製品へと形を変え、また、当社の戦略的な視点を明確にするものでもあります。

デジタル版のtec.Newsもお楽しみいただけます

弊社のソリューション、アプリケーション、戦略的ビジョンについてのご意見を直接お聞かせください。

全号ともPDFファイルでダウンロード可能です:

tec.News - Industrielle Transformation

Wie sich Industrie immer wieder neu erfindet.

Die industrielle Transformation wirkt sich unmittelbar auf die Entwicklung des Steckverbinders aus – und auch hier können wir auf umfangreiches Know-how zurückgreifen, um entsprechend für diese Zukunft gerüstet zu sein.

tec.News - 新たな規格を 策定する時

市場において 規格策定に必要な 3つのステップ

最適なソリューションから革新的なアイデアを生み出し、それらを確立するパワーを備える者が新しい規格を策定します。

tec.News - 巧みにノーマル?

人工知能が 産業システムの統合を変革

メディアが注目する前世界チャンピオンGary Kasparovとの対 戦でチェスコンピュータDeep Blueがあげた勝利でも、ナビゲ ーションや翻訳アシスタントシステムの日常的な利用の際も、今日、あらゆるところで人工知能(AI)に遭遇します。AIは、デ ジタル革新の主要な原動力と考えられています。

tec.News 35 - 強力な接続の時が到来

エッジとクラウド間の接続ソリューションと…

モノのインターネット(IoT)の出現で生産は柔軟かつ変更可能になり、その影響力は当社のコネクタにもみられます。モノはまずインターネットにつながる必要があります。ここではMICAは接続コンセプトになります。MICAにより、OT(オペレーション技術)は、ITソフトウェアコンセプトに基づき、インターネットならびにクラウドに接続されます。エッジデバイスは私たちがHARTING technology Group内で実際に実装したように、I4.0と機械のデジタル統合の重要な鍵となります。

tec.News - 特別版

InnoTrans 2018特集号

鉄道車両は人、モノ、製品を遠くへ迅速かつ安全に運びます。鉄道輸送には未来があります。鉄道網は世界中で拡大しており、設備、快適さ、安全性面の投資だけでなく、増え続ける列車のエンターテインメントと情報への投資も行われています。それはなぜかというと、顧客の要求が益々厳しくなっているからです。

具体的なメリットはアプリケーションを通じてのみ生じます。そしてこれらは、各列車ごとに個別にカスタマイズされています。従来の接続ソリューションに加え、スマートなソリューションがますます重要になっています。
このtec.News特別版では、画期的な接続技術の適用を加速させる鉄道業界の試みをご紹介し、そこからお役様と共に創るソリューションのアイデアを得たいと思います。

tec.News 34 - 最も重要な共同制作者

お客様は共同制作者です。

インダストリー4.0の時代に革新的なカスタマージャーニーを約束するには、どのようなテクノロジーを展開すればよいでしょうか?デジタル化ツールを用いれば、お客様はお客様自身のソリューションへの道筋において、文字通り「共同制作者」となります。私たちは、5ステップモデルに基づいて特注インターフェースの実現をめぐる疑問を調査し、このモデルを使用して、ハーティングがデジタル化の状況でお客様に提供するサービスを示します。

tec.News 33 - 産業システムの統合におけるパートナーシップ

すべてを一人でこなせる人はいない

第4次産業革命は今日次のようにまとめられています。複雑な付加価値ネットワークは、もはやモノリシックな(一枚板の)アーキテクチャでは存続できません。包括的なソリューションが必要です。しかし、すべてを自分一人で行うことはできません。そして、だからこそ自分の限界を認識することがインダストリ4.0の文化的変化に基づく大きなチャンスを秘めていると考えます。

tec.News 32 - 付加価値ネットワーク

お客様にとって価値の高いカスタマーソリューションを実現する、それが私たちの仕事です

企業に目標をたずねると、まず第一に「顧客の価値創造」と答えるでしょう。そしてこれは当然可能な限り企業利益を維持しながらです。しかし、多くの場合これは口先だけにすぎず、一般的にはその逆で「利益を上げてからお客様の価値を創造する」というのは正確でしょう。いずれにせよ、この答えは悪いものではありません。顧客志向で人々のために価値創造を目指した行動は、その行動が成功を生み、そして成長と利益をもたらします。結果として有意義なものになるのです。

tec.News 31 - 小さな巨人

デジタル化のスーパーヒーロー

通信技術の躍進は、単なるデータのデジタル化では説明できません。まさにモバイル通信技術の導入が、最初に電話を、そしてインターネットを世界中で利用可能にしました。工業分野では、当初、デジタル化に関して同じ道を歩む必要があると考えられていました。無線オートメーションが到来してから何年も経ちますが、 未だに存在しておらず、ハーティングの販売実績によって裏付けられているように、有線接続への依存は変わっていません。

tec.News 30 - 産業におけるデジタル化

インダストリー4.0 – 産業界のデジタル化

デジタル化は、今やすべての人に影響を与え、社会のあらゆる分野を変化させ、転換しようとしています。その一方で、こうした変化は、例えばスマートホームという形で、私たち個人の生活にも影響を与えつつ、スマート工場の出現により産業界にもインパクトをもたらしています。ハーティングでは、産業界も社会の不可欠な一部であり、同じように転換のプロセスにさらされていると考えています。この産業界への変化こそが、第4次産業革命と呼ばれるものです。