Han® F+B

食品業界向けのコネクタ

Han® F+B:製品およびスプラッシュゾーン用の衛生的で堅牢な特殊コネクタ 噴射水、強い洗浄液から保護。

食品加工では安全衛生が特に重要です。機械と装置は、簡単に掃除でき、埃が溜まらないように設計しなければなりません。

ハーティングは、食品業界の要件に合わせて特別に設計されたコネクタシリーズHan® F+Bを提供しています。ばい菌が溜まりにくい平滑な表面を採用しています。堅牢なハウジングとシールが、噴射水や強い洗浄液から内側のコンタクトを保護します。

ダウンタイムを削減

機械がダウンしたら、事態は一刻を争います。機能停止が発生すると、オペレーターとサービスチームにはしばしば非常に大きな時間のプレッシャーがかかります。このような状況下では、設備への電源供給接続は簡単に行えなければなりません。

Han® F+Bを使用すれば、現場のデバイスを分断するために、制御盤のケーブルクランプを開く必要はありません。直接配線の複雑な取り外しと再構成はもう不要です。従ってプラグイン式コネクタを使用すると、設備の設置をより迅速に進められます。ツールの変更と修理サービスの依頼も速やかに完了します。

さらにHan® F+Bシリーズは、プラグで簡単かつ安全にすばやく挿抜できるよう設計されています。ハウジング壁には特殊な溝があり、設置時にコネクタが手から滑り落ちません。

Han® F+Bコネクタがあれば、直接配線の複雑な取り外しと再構成はもう不要

製品・スプラッシュゾーンに常設

製品ゾーンとは、食品に直接触れる露出した部分のことで、ここで使用する機械とコンポーネントには最も厳しい要件が課されます。このゾーンはしばしば清掃作業を減らすために小さくなっています。電磁インターフェースはこうした平滑な表面を遮ってしまうので、できるだけこのゾーンの外に取り付けられています。

スプラッシュゾーンでは、食品が周囲のコンポーネントと接触する可能性があります。接触した加工材料は、再び製造ラインに入らないようにしなければなりません。どんなに手を尽くしても、コンポーネントに残留物が付着し、バクテリアが溜まる可能性があります。そのため数バッチ加工する毎に、高圧洗浄機や薬品を使ってこのゾーンを洗浄する必要があります。このような場合にもコネクタは実用性を発揮しますが、そのためには洗浄機の圧力に耐えられなければなりません。

食品業界向けのコネクタ

Han® F+Bのハウジングは、このゾーンの要件に適合するデザインとなっています。European Hygienic Engineering & Design Group (EHEDG)のガイドラインに従って、ハウジングの半径と表面を大きくし、ハウジングとシールによって接続部に保護等級IP69Kを実現しました。

White Paper: Einsatz von Steckverbindern in der Lebensmittelindustrie

お客様のコメント:

先日、機械下部の標準化を実施しました。これでお客様がオプション変更を希望する場合に、金属加工全体を再設計しなくても簡単にインサートを変更できます。  さらに、ハーティングに全く新しいインラインケーブル対ケーブル接続を依頼しました。これによって機械のバリエーションが広がります。Han®  F+Bコネクタによって、生産ライン下の接続箱の拡張または取り外し用に、安全なIP69K接続が可能になります。

Steve Woodhead
Packaging Automation Ltd. 電気技師

Kataloge, Broschüren, Flyer

White Paper

飲食施設向けのコネクタの使用について詳しく知りたいですか?関連するガイドラインなど? 無料リクエスト White Paper.