発電におけるプラグ&プレイ

発電、送電、配電(PGTD)は様々な課題に直面しています。発電と配電プロセスでは、すべての装置を監視するために大量のデータと信号を送信する必要があるため、信頼性の高い接続が不可欠です。固定接続がこうした課題に必ずしも効果的なソリューションを示さないのに対し、産業用コネクタは障害を克服するだけでなく、数々の追加メリットを提案します。

固定接続には時間がかかり、多くの手間と費用を要します。電力網は短い反応時間を求めており、サブシステムは安全かつスムーズに動作する必要があります。

こうした要件を満たすためには、産業用コネクタの利用が有効です。産業用コネクタは配線費用を抑えるだけでなく、現場での構築、試運転、メンテナンスのプロセスを迅速化します。

固定接続 VS コネクタ:このガス絶縁高圧スイッチギヤは重要な場所でコネクタをインターフェースとして使用。

これまでPGTD分野では、固定接続が実行可能な選択肢と見なされてきました。しかし、最近では様々な理由から、市場はプラグ&プレイのソリューションに向かっています。特に切替装置と制御装置を隣り合わせで動作させる必要がある場合、コネクタ化は推量作業をなくします。さらに、どのコネクタにもコーディングのオプションがあるため、安全性も高まります。コネクタの両端は正しい相手としか嵌合しません。

産業用コネクタHan®

固定接続の代わりに、コネクタベースの配線を選択すると、製品ライフサイクルの各段階で次のようなメリットがあります:

お客様のコメント:

私が勤めているXi’an XD Switchgear Electric Co., Ltdは、China XD Group Corporationの子会社です。弊社は高電圧GISを製造、開発、生産しています。現在、XD Switchgearには3,000人の社員がいます。ハーティングには、協力関係を始めて以来、効率的な製品とソリューションを提供してもらっています。ハーティングには大いに感謝しています。今後も総合的な協力関係を続けることを楽しみにしています。

Maoyuan Tian
Xi’an XD Switchgear Electric Co., Ltd ジェネラル・マネージャー

ハーティング Han®-動画

産業用コネクタHan®