Products & Solutions

貴社の車両間ジャンパーケーブルソリューションのパートナー

お客様の要件に基づく 車両間ジャンパーケーブルシステム 

HARTING Jumper Kabel Kompetenz Center

車両間ジャンパーケーブルシステムは、鉄道車両間を接続するために設計された屋根上または床下のシステムです。ジャンパーケーブルは車両間で確実にデータ、信号、電力を供給します。 有資格者によるアドバイス、コンセプト設計、最新の鉄道規格に準拠した適切なコンポーネントの選定および車両間ジャンパーケーブルシステム一式の生産能力は、長年弊社のコアコンピタンスとなってきました。 新しい試験技術を用いて、現実的な環境下でテストを実行できます。定義済みのルート特性に従って、ライフサイクル全体をシミュレーションでき、ひいてはジャンパーシステムの負荷をシミュレーションして記録することができます。

熟考を重ねて着手

Inter-car jumper solution - engineering and design

開発の基本はお客様の仕様です。コネクタ、ケーブル、ストレインリリーフなど、必要なコンポーネントは有効な鉄道規格に準拠して設計します。構造と設計の3Dシミュレーションで、ジャンパケーブルをその後のアプリケーションに当てはめて、リアルに再現します。

個別対応に強み

Inter-car jumper cable solutions - Customised Systems

特殊な設置要件がある場合は、ソリューション提供者および開発パートナーとして支援いたします。標準品では不十分な場合に、必要なコンポーネントを適応させて最適な機能を確保します。

十分にテストして安全に稼働

Gut geprüft lässt sicher fahren

社内の品質技術センター(Quality & Technology Centre)では、使用するすべてのコンポーネントを高度な安全基準の下でテストすることができます。最先端テクノロジーによって、コネクタに負荷試験を行い、車両間ジャンパケーブルの完成品を現実的な環境下でテストできます。

    

車両間ジャンパーケーブルシステムは、鉄道車両間を接続するために設計された屋根上または床下のシステムです。
ジャンパーケーブルは車両間で確実にデータ、信号、電力の供給を保証します。
床下システムは、車両間にスペースがない場合に、信頼性の高いデータ、信号、電源を提供します。
車両の上部に取り付けられた屋根上システム。
規格とカスタマイズソリューションに基づく個別のパネルフィードスルーのコンセプト。
パネルフィードスルーのコンセプト基準はレトロフィットソリューションにも適しています。
エネルギー伝送用パネルフィードスルーは、取付けパネルがセパレート式のため、様々な設置方法があります。

弊社の実績と 貴社への利点:

Jumper cables transmit data, signals and power between cars」(車両間でデータ、信号、電力を伝送するジャンパーケーブル)

"Stecker zwischen den Türen"
(ドイツ語版のみ提供)

鉄道車両向けの産業用コネクタ

鉄道分野のハーティング

ダウンロード

  

Get in touch
Marcus Kampka
Global Project Engineer
Get in touch
Peter Tillmann
Product and Application Manager, Germany
Get in touch
Andre Kelle
Product and Application Manager, Germany