Products & Solutions

データ、信号および電力のための接続 - PushPullデバイス接続技術

ハーティングは、PushPullプラグコネクタとセットで、データ、信号および電力の伝送のために多様な用途で利用できるハウジングも提供しています。従来型のRJ45に加え、このモジュラー式コンセプトには、信号、電力伝達用および光インターフェース接続用の嵌合面が含まれています。

プロセス技術システムの監視用カメラシステム、通信設備、交通技術のいずれであっても、困難な屋外でのイーサネット用途に理想的なソリューションです。これらの設備は日光、風雨、そして海岸市域では潮風にもさらされます。これは、特に海上の風力発電所においては、侮ることのできない点です。最近の風力発電所の中には、すでにハブの高さが100メートルを超えるものがあります。ローターヘッドへのイーサネット接続に使用されている銅ケーブルは、伝送距離が100メートルを超えると必要な帯域幅を満たせないため、代替品が必要になります。このような用途では、光ファイバーが用いられるため、接続の保護は特に重要です。ご存知のように、光学接続は電気接続に比べて汚れへの耐性がありません。このような用途の場合には、V4 PushPullハウジングに光ファイバーインサートも装備できます。

そして実行

オートメーションとデバイス製造分野では、以前はビデオ信号をイーサネットインターフェース経由で接続していましたが、タッチパネルとスクリーンを運転に用いる設備が増えています。多重変換による手間を回避し、ビデオ信号を直接伝送できるようにするために、V4にはディスプレイポート嵌合面を備えたものもあります。そのため、最新のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)はビデオ信号で直接稼働できます。すべてに共通しているのは、頑丈なハウジングと取り扱いが簡単なこと。差し込んで、カチッとはまれば、準備完了です!

ディスプレイポート嵌合面を持つPushPull V4

頼れる兄貴分

モジュラー方式がロボット工学コンセプトに深く組み込まれるようになってから、何年にもなります。装置とツールは、用途に応じて迅速かつ簡単に接続できなければなりません。特に自動車生産では、PushPull V4の頼れる兄貴分、PushPull V14が役立ちます。ロボット分野では、亜鉛圧力ダイカストハウジングを備えた設計がオプションとして選ばれています。最も厳しいストレステストに耐え、EMCから保護し、車体生産ラインの溶接ビードにも難なく耐えます。しかしながら、ロボットが他のタスクを行う場合にはどうなるでしょうか。当然、ここでの配線は完全に役に立たなくなります。ロボットのレトロフィットはシンプルに、そして迅速かつ確実に行わなければなりません。PushPull V14ならば問題ありません!この大型のPushPullには、イーサネット、信号、電力または長距離の光ファイバーケーブルのいずれにも対応する嵌合面と様々なインサートも備わっています。

PushPull Variante 14 – der robuste Standard

強力な3番目のバージョン

電力供給の接続を簡単にするために、ハーティングはPower LバージョンのPushPullコネクタも提供します。亜鉛ダイカストハウジングにより、有害環境要因や損傷に対して最適な保護が提供される一方で、V4およびV14タイプのように、プラグの抜き差しによる接続および接続解除が簡単に可能です。24Vで最大16Aであり、エネルギーを必要とする用途に適切な性能を提供します。AIDAへの準拠が示すように、このコネクタのルーツは自動車生産のロボット工学にあります。カチッとはめれば、通電します。

PushPull device connectivityの電子カタログ

Request for more information for HARTING PushPull

Name*
Company
Address
CAP
Address
I accept the Privacy Policy and the Cookie Policy*