Han® S:蓄電システム(ESS)用に開発された1ピンのフロント取付コネクタ

蓄電池市場はこの数年で極めて急速に発展しました。環境への影響をめぐる世界的な議論は、開発全体を確実に後押ししました。再生可能エネルギーの持続的利用は、蓄電システムがあって初めて実現します。再生可能エネルギーで発電された電力の需要に応じた時差消費は、蓄電システムによって可能になるからです。コネクタはバッテリー装置をベースとする蓄電システムの設置をスピードアップします。

この度HARTING Han®シリーズに、エネルギー貯蔵モジュールのフロント取付に初めて対応したコネクタソリューション、Han® Sが加わりました。この製品はコスト最適化されたケーブリングソリューションとして市場で推奨されています。新しいコネクタシリーズは、定置型蓄電システムのすべての技術的要求事項と最新のUL 4128規格に適合する設計で、ユーザに最適な安全性を提供します。つまり、新しいHan® Sコネクタは市場が求める最高基準を満たしています。

HARTING Han® S - Secure plug-in connections for modular battery storage

この新しい1ピンコネクタは定格電流最大[email protected]に対応でき、異なる結線方式(M8ボルトまたはブスバー)のフィンガープロテクトコンタクトで安全な設置を保証します。さらに耐振動性を備え、赤(+)黒(-)の2色をご用意。極性ミスが発生しない機械的コーディングシステムも搭載しています。このように信頼できる安全性と高い生産性を実現するため、大量のバッテリーモジュールを扱う際には最適なソリューションとなります。

ハーティングはこの度、定評のあるラックのリア取付ブラインド嵌合コネクタに加え、蓄電システムの前面取付用に高品質の接続を提供する新製品Han® Sを投入しました。どちらもお客様の仕様に応じてコネクタとケーブルを組み立てて納品可能です。